アルバイトを強みに変えるために

アルバイト中の女性たち

せっかく働いてるのだからアルバイトを強みに変え、自分の経歴の中に武器を作りたい。様々な業種を経験するメリットもありますが、とうぜんデメリットもあります。自分の失敗してきた体験を書いています。

アルバイト期間って長いほうがいいの?

アルバイトをしたいと思っている人は、長期間働きたい人や短期での仕事をしたい人など要望はさまざまです。業種により異なりますが、コンビニなどの店舗でレジ打ちをするような仕事ですと、シフト勤務ができますので、ご自身の要望を満たした働き方ができるはずです。アルバイトでも長期にわたって仕事ができるならば、働く期間を長くした方がメリットは多いです。勤務実績により異なりますが、しばらく勤務して仕事になれてきますと、大きな戦力として活躍することができますので、時給を上げてもらえることも可能ですし、例えばアルバイト長という形でマネジメントの仕事ができることにもなります。学生の人は、アルバイトの経験をつんでおきますと、就職した際に経験が活かせることもあります。アルバイトの内容とご自身が希望する会社の仕事と類似しているような場合には、即戦力として活躍できる可能性もあります。また、滅多にないことですが、学生時代にアルバイトをした会社自体に入社したい場合には、アルバイト時代に学んだことがそのまま役に立ちますし、応募しましても採用されやすいというメリットもあります。短期のアルバイトですと、高い時給を手にすることもできますが、大抵の場合、重労働をする場合が多く、また夜勤などをしなければならないケースが多いです。時給はそれほど良くなくとも、働き先を確保してマイペースで楽しく働ける会社やお店で働く方が、メリットは高いです。長期にわたり勤務すればするほど、ご自身の意見や考え方を雇用主に伝えることもできますし、他のメンバーに対して気遣いをしなければならないということも少なくなるはずです。皆勤手当てなどをもらえるように長期間働く方がよろしいです。